ビタミンの種類

■ビタミンの種類

ビタミンにはたくさん種類が存在しています。
ビタミンは私たちの体を作り健康を維持していく上では
欠かせない栄養分となります。

今回はビタミンのそれぞれの効果について簡単に説明していきましょう。

・ビタミンAの役割
目や皮膚等の粘膜の機能向上に関係しています。

・ビタミンB1の役割
炭水化物を燃焼してエネルギーに変えるときに必要な成分となります。

・ビタミンB2の役割
成長時貴意は十分な量をとる必要がある。
脂肪燃焼、肥満防止には有効性が高い成分。

・ビタミンB6の役割
脂質とたんぱく質を体内で分解・吸収するときビタミンB6が必要

・ビタミンB12の役割
主に血液の機能に必要。
不眠症や時差ぼけには非常に有効的

・ビタミンCの役割
欠陥の維持や強化、貧血の予防、コレステロールの調整
免疫力工場、ストレス耐性向上

・ビタミンDの役割
主に人間の骨の形成に働きかけます。
カルシウム、リンなど骨を作るのに必要な栄養素を吸収するときに必要となる。

・ビタミンEの役割
血液の流れをよくする
コレステロールを抑える働きもある。

・ビタミンKの役割
出欠時の止血や
骨とカルシウムの状態を維持するのに必要となる成分です。


以上紹介したのがビタミンのそれぞれのざっくりとした説明になりますが
ビタミンにはもっと詳しく見ていくとさまざまな効果が秘められています。

サプリメントで養う効果ビタミンAとビタミンEの効果